スタッフ紹介

代表

代表

名前
永井 佑貴史(ながい ゆきし)
出身
東京都板橋区
家族構成
奥様、子供2人、母親
趣味
ロードバイク、写真、神社・仏閣巡り

経歴

1年浪人して東京電機大学夜間部に7年在籍していたウツケ者です(^o^; 7年間何をしていたかと言えば、昼間はアルバイト。夜間は大学で少林寺拳法(主将でした)ばかりしていました。全国大会の武道館で演武しましたが、1回戦負けです。ちなみに大学で何を勉強したかというと・・・覚えてません(>.<) 確か、在籍は電子工学でした。

 

平成元年(1988年) 3月に大学を卒業してすぐ、9年間お付合いしていた現在の奥様と結婚。してから4月に千代田区丸の内に初就職。就職活動の時は独身ですが、入社してきたら結婚していたと驚かせたのは私です。(^o^;;

 

平成6年(1994年) 三菱電機(株)代理店に就職して営業していましたが実家の町工場が倒産しそうで退職して手伝うことになりました。

 

平成8年(1996年) 不妊治療7年の末、双子を授かりました。娘2人です。

 

平成12年(2000年) 6年間頑張りましたが、倒産! 奥様と子供2人をかかえて、家と仕事を失いました。今考えると、とんでもない状態でしたぁ~(汗)

 

平成13年(2001年) 母親が脳出血で半身不随。2か月後に父親が肺がんで他界。義母が野口整体を毎月受けていた縁で母親を診ていただき、野口整体の勉強会に参加することになりました。

勤めていたのでは、母親を介護することが出来ません。野口整体では10年経っても先生になれない人が多いとのことで、色々探してカイロプラクティックを学ぶことになりました。

野口整体の勉強会は現在に至るまで18年間、いまだに勉強しております。

 

平成14年(2002年) 大川カイロプラクティック専門学院夜間部に入学し2年間学ぶことになりました。

夜間部の在学中は、軽自動車のワンボックスで配送の仕事をしていました。(赤帽と同じような配送業です)。夜間部の授業が終わってから京都まで配達に行った事もありました。(ToT)

在学中の最後の半年間は直営店の「リラックス・ステーション」で、店長を経験しました。(当時40歳で年の功?で店長抜擢??)

 

平成16年(2004年) 卒業(日本カイロプラクティック医学協会認定)後に大川カイロプラクティック専門学院にて日曜クラスの実技講師を8年間個人病院で手技療法を7年間担当しました。(掛け持ちです)

 

平成18年(2006年) 永井整体院を開業

 

平成26年(2014年) 9月、大腸がん告知される!50歳の節目で検査を受けたのですが、「永井さん、立派な大腸がんです。」と、とても軽く?告知されましたが説明の最後に、初期(ステージ0)なので完治です。「半年後に再度内視鏡検査しましょう♪」で、問題なく今に至ります。(^o^)v

 

平成27年(2015年) 5月、睡眠時無呼吸症と診断される。現在も機械を付けて寝ています。(^o^;;

 

平成28年(2016年) 12月、整体の技術向上のため三体合気学院に入学。現在も合気の修練をしております。

 

平成31年(2019年) 3月30日に開業場所を北区の十条から、豊島区の巣鴨(庚申塚)に移転しました。

 

令和元年(2019年) 11月、正常眼圧緑内障と診断される。1日1回目薬を点すことになりました。

 

現在は、野口整体とカイロプラクティックのコラボレーション=オリジナル整体法で、働く女性(育児中の女性も)を健康にする!ために日夜精進しています。

(でも、来院する約半分は男性です^^;)

 

あらためて振返ると、色々と常識はずれな私です。が、よろしくお願いいたします!