冬の水分補給(野口整体では?)

IMG_20191130_1

今年も、すっかり冬になってきました。毎朝、寒い今日この頃です。

 

冬は、空気が乾燥しています。身体の体表からも蒸発していきます。

しっかりと水分補給する時期なのです。

 

水分不足の症状としては、「むくみ、頻尿、鼻水、関節の痛み、胃があれる、皮膚のかゆみ」

などがあります。

 

何か思い当たることがありますか?

 

 

月刊全生(2019年12月号)より加筆修正しました。

 

初冬の水分補給は、温かい水分の多いものを多く食べると体が調整されます。

乾きによる体の変動は、まず口の周囲が乾く、皮膚が痒くなる、唾が少なくなる、痰が濃くなるので、むせるような咳をして吐く。また、食べ過ぎていないのに小便の色が濃くなり、尿の回数が多くなり、むくんでくる。

 

一月、二月になりますと、今度は冷たい水でないと、うまく吸収しない。

ストーブを焚いたりなどすると、温かいものでは吸収が悪くなる。そういう時期には直接水を奨めるようになりますけれども、現在では温かい水分を多く摂るように奨めております。

 

中には水が足りなくなると、むくむ人がいます。これは、温かい水分だけでは間に合わなくて、温かい水分を飲んだあとで、水を飲むというような飲み方をしないと治まってこないのです。

 

同じ飲み物でも、濃いコーヒーなどは水がもっと必要になる。お酒もそうです。そういう飲み物は水が更に必要になるだけで、それを多く飲んだからといって、水の代用にはならない。

 

しかし、水分が欠乏して、なかなか吸収しないというような時は、多少のお酒なり、コーヒーなりを口にしてから水を飲むと、吸収が非常にいいのです。

 

勉強会では、「ストーブを背負って、御猪口で飲む。」と教えられました。

 

背中(首、腰も)は暖かくして、チビチビ飲む。ということです。

 

ぜひ、意識して水分補給してくださいね♪