まず体を整えること1

IMG_20200205_101949-2

歪んだ体をそのままにして、

病気になるまいとか、便秘をふせぐ為とか、下痢しない為とか、

いろいろと薬を飲んでいる人もあるが、

 

肝心の自分の体の歪みや、偏って(かたよって)使う習慣をそのままにして、

体の外面のことばかり工夫をこらしているということはおかしい。

 

体を丈夫にしようと、スポーツに励み、偏り(かたより)発達をして、

体を弱くしてしまう人も少なくない。

 

偏り(かたより)運動をすれば、偏り(かたより)発育も止むを得まい。

 

人間はその環境や使い方によって、体の状況を変え、

適応するはたらきを持っているのであるから、

腕を使えば腕が発達し、足を使えば足が太くなある。

 

スポーツや職業には、偏らせて体を使うことがつきものといってよい。

 

語録 野口晴哉(月刊全生2020年2月)